イメージ画像

結婚をしたら
保険を見直し!

保険の見直しが必要な時期とは

生命保険の見直しを考える場合、まず考えなくてはならないのが、自分のライフプランになります。自分の人生を考え、どういった時期にどういったイベントがあり、どこで資金が必要になってくるかなどを考えたライフプランが必要となってきます。


一番最初に保険へ加入したときというのは、あまりそれほど先のことは考えず、もしも自分が事故や病気などで入院をした場合、会社からの給料もストップし、入院費の支払いをしなくてはならないといった不安な気持ちから、自分自身のことだけを考えた保険内容のものへ加入されている方も多いのではないでしょうか。


社会人になって、初めて保険へ加入する場合、いわゆる掛け捨てと呼ばれる定期保険に加入したという方も多いことでしょう。


少ない保険料で大きな保障を手にすることができる保険になりますが、その名のとおり掛け捨てとなるため、満期になったときの解約返戻金はありません。


結婚をして子どもができた場合にも、何かと入り用になるため、保障が充実している掛け捨ての定期保険に加入するといった方も多いようです。


結婚したら保険見直しが必要です

独身のときに加入していた保険の内容について、結婚したら保険見直しを考え始めるようになったという方も多いことでしょう。


家族を持つということは、自分に何かが起きた場合、残された家族が生活をするのに困らないよう、保障内容の見直しをする方も多いことでしょう。


配偶者が奥さんだけの場合ならそれほど手厚い保障内容のものでなくても問題ありませんが、子どもがいる場合などは奥さんが仕事ができない状況にあるといったことも、当然ながら配慮しなくてはなりません。


特に子どもがまだ幼い場合などは、全く仕事ができないと考えておいたほうが良いため、保障内容が充実しているものへ変更をしておいたほうが良いと言えます。


今の保険の内容で十分に満足しているといった方も多いかもしれませんが、結婚したら保険見直しというのは必ず必要となってきます。特に子どもがいる場合は、生活費だけを考えるのではなく、これからの教育費なども考慮しておかなくてはなりません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ