イメージ画像

結婚をしたら
保険を見直し!

どんなときに保険のことを考えますか?

日頃の生活をしていると、保険を考える機会というのは、めったにないと言えます。しかし家族や友人、知人などといった身近な人が入院や手術を行った場合、保険のことを考えるようになったという方も多いのではないでしょうか。


自分が加入している保険だと、どういった病気やケガの保障に対応しているのだろうかと考えたとき、加入する前はあれほど説明を受けて理解をしていたはずなのに、数年たつと自分が加入している保険の内容自体がうろ覚えになっているという方も多いことでしょう。


多分大丈夫だろうと考えていても、実際に入院や手術をするときになって、自分の保険だと適用されないなんてことになってしまうと、なんのために保険に加入していたか分からなくなってしまいます。こういった痛い目にあう前に、加入している保険の見直しをする必要があります。


費用の割安なダイレクト保険

以前は保険というと、代理店を介入して申し込みをする方がほとんどでしたが、最近では保険料が割安になるダイレクト保険に加入される方も増えています。


一般的な代理店型の保険と比べると、その費用の安さに惹かれ、保険の見直しをした際にダイレクト保険へと変更されたという方も多いようです。


インターネットからの申し込みが主流となっているため、若年層の独身の社会人や既婚者の利用が多く、代理店や保険会社に出向いて申し込みをしなくても良いといった手軽さも人気の理由の一つのようです。


結婚したら保険見直しを考えている方も多く、特に子どもができた場合のことを考えると、なるべく保険料は控えめにしておきたいといった方も最近は多いようです。


こういった場合にもダイレクト保険を利用して、生活費に負担が少ないようにしているといった夫婦も少なくありません。


しかし、ダイレクト保険の場合、保障内容がシンプルになっており、あまり特約などをつけることができない商品も多いようです。


いろいろと保障をつけたいと考えている方の場合、代理店型の保険を利用して、その時々に合わせた保障内容の保険を選択するのが良いかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ