イメージ画像

結婚をしたら
保険を見直し!

信頼できる外交員とは

保険の見直しをするときは、今加入している保険会社の外交員に相談して、それから変更をするといった方も多いのではないでしょうか。


信頼関係ができている外交員の場合なら、それでも問題はないと思いますが、外交員も仕事なので自分のノルマや会社の意向を考えて、保険商品をすすめてくることも考えられます。


自分の担当の外交員だけはそんなことはないと考えがちですが、保険の見直しを考えた場合は、念のため、他の保険会社の話を聞いてみるのも一つの手段です。


もちろん万が一のことが起きた場合に、外交員が迅速に手配をしてくれるといった信頼関係も大切ですが、やはり毎月負担となってくる保険料は大きいので、なるべくそういったことも考慮してくれる外交員が理想的といえるのではないでしょうか。


信頼できる外交員の場合、契約者のライフプランに合わせて保険の見直しを提案してくれるものです。特に結婚したら保険見直しをする必要があるというのは、当たり前ですので、結婚が決まった場合は、早めに外交員へと相談をしておいたほうが良いでしょう。


結婚後の保険について

結婚したら保険見直しを考える夫婦も多いですが、結婚する前までは異なる保険会社に加入しておき、結婚後は夫婦そろって同じ保険会社に加入するといった方も多いようです。


結婚をした場合、奥さんを家族特約にして、保険の変更をされる方もいらっしゃいますが、ご主人にもしものことがあった場合、家族特約だとその時点で保険が終了してしまうことになり、新たに保険に加入しなくてはならなくてはなりません。


なるべく保険に加入する場合は、家族といえども個別ごとの保険に加入しておくことが良いといえます。


経済状況が圧迫されるので家族特約しか厳しいといったことでもなければ、奥さんには奥さん向けの保険を、子どもは学資保険などを活用しながら、個別にあった保険に加入するのが良いでしょう。


特に女性の場合、女性特有の病気などもあるため、医療保障や入院保障が充実したものを選ぶなどすると良いのではないでしょうか。保険料の安い定期保険などを利用することも視野にいれておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ