イメージ画像

結婚をしたら
保険を見直し!

最低でも3年に一度の見直しが必要です

生命保険というのは、契約したときにはそのときにあった保障のものを選んでいたつもりでも、年数の経過とともに、保障内容が古くなってきます。


独身の場合、保険の見直しはあまり必要ないと考えられている方も少なくありませんが、保険というのは本来、毎年でも見直しが必要な商品になります。


特に高度先進医療へ対応している保障内容については、毎年のように新しいものが販売されているため、更新の時期が近づいてきたら、保険の見直しをするといったことを習慣づけておいたほうが良いと言えるでしょう。


結婚したら保険見直しを考えるから、独身の間は現状のままでいいと考える方も多いですが、例え独身でも3年に一度は見直しをする必要があります。


独身のときはそれほど保険について、真剣に考えていないというケースが多いですが、加入する保険内容によっては、年齢が若いうちに加入しておいた方が保険料を低めに設定できるものもあるため、加入するときは一定期間のことだけを考えず、長期的に支払うことを考慮しておいたほうが良いと言えるでしょう。


今の保険を見なおす

保険の見直しを考えた場合、まず最初に行わなくてはならないのが、現在加入している保険の保障内容を確認するといったことになります。


加入している保険内容を忘れてしまったという方は、保険会社に連絡し、自分が今現在、どのようなプランに加入しているか、保障額や保障内容について聞いてみましょう。


それと合わせて考えなくてはならないのが、自分の人生設計になります。結婚したら保険見直しを考えている方の場合、どれくらいで結婚をし、子どもができて成長していくことまでを想定したプランを練らなくてはなりません。


子どもがいた場合、生活費だけでなく学費も考えると、かなり経済状況が変化してくるため、どの時期にどれぐらい学費が必要になるといったことも考え老いたほうが良いでしょう。


現在加入している保険内容と、自分の人生設計を考えた場合、つじつまが合わなかったり、不満に思う点が出てきます。そういった不満点を集めておくと、保険の見直しをする場合にとても役立つようになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ