イメージ画像

結婚をしたら
保険を見直し!

代理店型の保険

保険に加入する場合、代理店から申し込みをする方が以前は多かったものですが、最近ではさまざまな形態の保険会社が増えてきたため、いろいろな方法で保険へ加入される方も増えてきています。


いわゆる代理店型の保険というのは、営業マンや女性の外交員がやってきて、保険の加入案内からしてくれます。話を聞いた上で、気にいったのなら保険に加入することになります。


マンツーマンの対面式で親切、丁寧に保障内容などを教えてくれるため、不安に感じることや保障内容で今ひとつ分からない点があった場合、すぐに質問することもでき、その場で営業マンが答えてくれます。


契約をする場合でも、申込書に不備がないよう、その場でチェックを行ってくれたり、記入方法が分からない場合もすぐに教えてくれるため、初めて保険に加入する場合は、こういった代理店型の保険がおすすめと言えるかもしれません。


そのかわり、代理店型は保険会社と代理店の仲介料が発生してくるため、その分だけ保険料に上乗せされており、保険料が割高になってしまうといったデメリットもあります。


料金が割安なダイレクト保険

最近多くなってきたダイレクト保険の場合、保険の案内や保障内容については、インターネットを利用して、自分で考慮しなくてはなりません。また、申し込む場合もWeb上からとなるため、自分で保障内容を選択し、申し込みをしなくてはなりません。


ダイレクト保険はネット上での販売のみになるため、代理店への中間マージンや店舗代、人件費といったものが削減できるため、それだけ保険料が割安に設定されています。


何度か保険の見直しをされている方の場合、ダイレクト保険のほうが保険料も安く、わざわざ代理店に行かなくても良いといったことがメリットに感じる方も多いようです。


今はまだ見直しは考えていないが、結婚したら保険見直しを考えている方などは、代理店型が良いのか、それともダイレクト保険のほうが向いているのか、これからの人生設計を考えた上で、ファイナンシャルプランナーに相談をしながらベストな保険会社を選ぶのが良いと言えるのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ