イメージ画像

結婚をしたら
保険を見直し!

その保障は本当に必要?

保険に加入している方は多いと思われますが、その保障内容が果たして適正なのかどうかは分からないという方も多いのではないでしょうか。


奥さんや子どもに多額な死亡保障がかけている方もいらっしゃるようですが、生命保険料が生活費を圧迫している場合、それほど高額な保障が本当に必要なのかは考え直さなくてはなりません。


保険は現在の家庭環境や経済状況、ライフプランを考えた上で、どれほど保険料が捻出できるかを決め、その保険料ないだとどの保障内容までのものに加入できるかなどを考えなくてはなりません。


保険というのは万が一のことを考えて加入するものですが、例えば子どもにもしものことがあった場合、高額な死亡保障は必要になるものでしょうか。奥さんにもしものことがあった場合も同様です。


一般的には大黒柱となっているご主人に高額な死亡保障をつけ、子どもや奥さんには入院や病気などの医療保障を手厚くするのが多いようです。


しかし子どもにまだまだ手がかかる場合は、奥さんにもしものことがあったときに、ベビーシッターの費用や、子育てをするために、自分の給与の減収も考えておき、それらを上乗せした保障内容にしておくのが良いでしょう。


長期的に対応できるプランを考える

結婚したら保険見直しをする場合、とりあえず奥さんのことだけを考えて見直しをされるのではなく、今後のライフプランを考慮しておいて見直しをしたほうが良いでしょう。


子どもをいつ頃までに出産するか、また、子どもの成長に合わせて、入学などといった学費が必要になってくることも考え、どの保険にするかを考えてみると良いでしょう。


最近では共働きをしている夫婦も多いため、最初は資金的にも余裕があるので、夫婦二人だけのことを考えた高額な保障内容の保険へと変更される方もいらっしゃるようです。


しかし子どもができた場合、共働きをすることも不可能になり、保険料の支払いが厳しくなってしまうといったことも考えられます。


結婚をきっかけに保険の見直しをする場合、短期間なプランのものを考えるのではなく、長期的に対応できるものを考慮すると良いのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ